30代女性オタクが30代男性オタクになるまで

FTMのオタクが男性オタクになるまでの治療日記、雑記

通院11回目

【重要】特定を避けるため、当日に日記を書きますが記事は予約投稿にしています。ランダムにずらします。
前回から2週間ほど開いています。

大学出てからの自分史

まあ仕事ばっかりでした。ホント。
上京した頃に制服がないバイトを選んだ話とかそういうのが多かったかも。
あと業界の偉い人から「男性かと思ってた!」と作風を褒められたりした話とか。

20代の頃に仕事しまくったからこそ今安定しているというのもあるし、もっと早く治療しておけばよかったというのもあるし、
地震もあったりしたし、そんな20代でしたね。

通院10回目

【重要】特定を避けるため、当日に日記を書きますが記事は予約投稿にしています。ランダムにずらします。
前回から2週間ほど開いています。

自分史の大学生の頃の続き

みんな気になる成人式!自分は実家から離れた大学で「試験前で忙しい」という理由でパスしました。
大学に進学してたり県外に就職している友達もいて、そういう人たちも都合が悪いからと来れない人いましたね。
「最悪パンツスーツがいい」という話は母にしてましたが、多分祖母の手によって振り袖を着せられていたことでしょう。

あとは大学生の一人暮らしになると部屋に全身鏡が出てきます。おしゃれに気を使うようになる年頃!
そこでまあ自分の肉体に嫌悪感がめちゃくちゃあったのを覚えています。女性的な体つきがとても嫌。
だからもう烏の行水。滅茶苦茶疲れた時以外は湯船に入りません。

あとナベシャツの存在は知っていましたが買いませんでした。正確には買えませんでした。
例によって貧乏学生で4年間で一生分のもやしを食べましたからね…。当時アイマスにハマっていたんですけど、マジやよいってすごいと思うわ。

ひとまず今後の方針

子宮筋腫の手術が一旦なくなったので流れを整理しよう

ホルモン注射を初めて筋腫が小さくなるのに賭けるルート(全額自費診療ルート)

  1. ホルモン注射を始める
  2. 卵巣の働きが停止し女性ホルモンが減ることで閉経状態になるので、筋腫が小さくなり、諸症状が和らぐ
  3. 胸オペをする
  4. SRS時に小さくなった筋腫も一緒に摘出してもらう

ワンチャン頑張って子宮全摘してくれる婦人科を探すルート

  1. GID外来があったり、GID学会に所属している婦人科医がいる病院にかかり、筋腫含めた子宮全摘をお願いする。ワンチャン(保険適用)
  2. ホルモン注射を始める
  3. 胸オペをする
  4. 卵巣が残っているのでSRSで卵巣だけ摘出してもらう。


子宮筋腫になったことのあるFTMさんで、保険適用になった人が調べる限り数名いるんですが、
どの病院でやったのか不明なので、そのあたり情報集められるといいなあ。

子宮筋腫の手術が一旦白紙になった話

術前の説明を聞きに行ったら産婦人科の偉い人に担当が変わっており、突然の「子宮の摘出はしません」という話に。
詳しく聞いてみると「いくら希望があっても、性同一性障害は精神の問題なのでいずれ考えも変わるかもしれない」ということで、
開腹で筋腫だけを取り除く手術か、薬で半年間女性ホルモンを抑えて筋腫を小さくするかという療法の選択になりました。

自分の目的としては

  • 将来的に性別適合手術をする予定だった
    • 開腹して筋腫だけを取り除く手術は、2回開腹することになるので不安がある
  • どちらにしても将来的に妊娠の希望はないので、子宮筋腫を完全に取り除きたいという意味で子宮の摘出を希望する
    • その場合卵巣は腹腔鏡で取る

というものなのですが、

かかった大病院的には

  • 性同一性障害の診断書があってもなくても、このサイズのものは開腹で筋腫だけを取り除く手術にしたい
  • 妊娠の希望がないとしても考えも変わるかもしれないから、子宮と卵巣は取っておくべきだ
    • なので薬で女性ホルモンを抑えて筋腫を小さくして、摘出すべき
    • 後々考えが変わる可能性があるのなら、子宮を摘出したくない(これは一般的な病院が責任を負いたくないという話だと思う)

という感じで、まあ意見が合わない。
手術の予定日も決めてしまって、仕事周りの人にはいろいろ説明してその間のカバーを頼んだというのに。


ということで勝手に決められちゃ困るので一旦手術は白紙に。
口頭では「一旦持ち帰って検討します」とは言ったけど、多分次前の病院への紹介状を書いてもらって終わりでしょうね。
一応病院のサイトには「妊娠の希望がないなら子宮摘出」みたいなフローチャートがあるんですけどね。まあ患者にそういう選択肢を与えたくないんでしょう。
そういう記述をしておいたほうが良いというのはあるんで。

また筋腫だけ取り除く開腹手術は今後のことを考えると不可能ですし、筋腫を小さくするのならこの病院じゃなくてもできますし。
むしろ後者の場合は前の病院が良いまである(カウンセリングしている病院からの紹介なのでGIDについて理解がある)



それはそれとして「いくら希望があっても、性同一性障害は精神の問題なのでいずれ考えも変わるかもしれない」ってのは流石にちょっとね〜。
こんなん下手したら「ネットで病院名出されてお気持ちされる」案件っすよ。
VTuberだったらすぐお気持ちするねこれ(VTuberファンだけどお気持ち文化はちょっと...てタイプなので)絵が描ける人ならマンガにされて拡散ですよ。
自分はアンチお気持ちなのでここで愚痴る程度に留めますけれども。


兎にも角にも一旦先生と相談してどうするか考えたいですね。
エヴァ見る時に朝から水分取らなかったくらいには子宮筋腫のせいで頻尿がすごいので、QOLの向上のためにもはよなんとかしたいです。

通院9回目

【重要】特定を避けるため、当日に日記を書きますが記事は予約投稿にしています。ランダムにずらします。
前回から1週間ほど開いています。ちょっとスケジュールの都合で。

大学時代の話

主にサークルの話とか。まあ"性"といえばそう、サークル。
いろいろめんどい思い出があるんですけど、「男性は性的対象ではない」というのがうっすらわかりはじめてきたという感じ。
まあほら入ったと思ったサークルがいろいろやばいとかあるよね。お酒飲む儀式とかあるよね。

ガイドラインからするとホルモンどうなるんだろう

まだ卵巣を一緒に取ってもらえるかどうかは不明なのですが、仮に取れたらホルモンが必要です。
でもまだ診断書降りてないし、今通っているところは基本的にガイドラインに沿っているので、判定会議を通さないとできないはず。
その場合の例外がどうなるかは聞けませんでした。ただ「ホルモンしたほうがいいだろうね」とは。

親にカミングアウトしたよ

開腹手術をするにあたって家族の付添がいるので。

例に漏れず「そこまでする必要ないじゃん」とい回答が。まるでテンプレだよ!しかも母親が。これもテンプレ。
ボーイッシュな女性として生きていけば良いということについては「身体と脳の違和を抱えたまま生きていくほうが精神的に辛い」という話。

口には出さなかったけど、クリエイティブ業界って自殺率高いんですよ。自分のアイデアの底が見えたら死にたくなる。
そっちの可能性のほうが実は高かったりする。自分的には。


父親は「やるなと言ってもやるんだろうし好きにしろ自己責任」という回答。もちろん自己責任でやらせていただきます。
同性愛者なのかな?とは見抜いていたようで。


まあ両者とも完全には納得してないんですけど、こればっかりは見せつけるしかないですよ。どこまでやれるのか。
これは仕事と一緒で、今自分がいるエンタメ業界もそう。だから結果を見せつけるしかない。自分がどこまでやれるのか。
漫画家を目指す人間がデビューを勝ち取るまでひたすらがんばるように、
パス度なども含め、人間として、一人の男性としてしっかりと生活するために、がんばります。

通院8回目

【重要】特定を避けるため、当日に日記を書きますが記事は予約投稿にしています。ランダムにずらします。
前回から2週間ほど開いています。

子宮筋腫があったという話をした

とりあえず子宮取ってきます。卵巣も取ってくれと頼む予定です。
子宮だけ取るとこのあとまた内摘で卵巣だけ取ることになり、2回も開腹するということにもなりますし、
全身麻酔も2回やることになるので、肉体的なリスクのことがありますから。

更年期の方が子宮筋腫で子宮を取るときにも同じようなことをするので、
そういう意味で、FTMで将来子孫を残さない予定であるですとか、そういったことも鑑みてお願いしようかなと思っています。
(これは手術をする婦人科にお願いする。今近所の病院で婦人科系手術もできる病院を探しています)


という旨を先生に話したら、じゃあ早めにホルモン治療しなきゃいけないねということに。
取ってもホルモン補充しないと更年期障害なるもんね。そりゃそうよ。

高校時代の話をした

いかに高校時代優等生であったかというのがメインですね。
とにかく高校受験に失敗したのが痛すぎたので、性別が〜というよりは模範的な生徒を目指した感じでした。
もちろん長いスカートの下にスパッツ履いてたし、脚は開きっぱなし。